サクッと英文法 自動詞と他動詞 | 淀川区 個別指導塾 淀川区三国の個別指導ならプレスト

サクッと英文法 自動詞と他動詞

英文法

2019.03.06

自動詞と他動詞

これまでにも説明してきたが、文の型を決めるのは動詞だ。

自動詞ならば、第1文型と第2文型を作る。

他動詞ならば、第3文型、第4文型、第5文型を作る。

文法問題でも自動詞か他動詞が問われることは多いので、ここでまとめて覚えておこう。

覚えておきたい自動詞と他動詞

自動詞と他動詞で意味が違う動詞
run
【自】走る
【他】〜を経営する

stand
【自】立つ
【他】〜をがまんする

play
【自】遊ぶ
【他】〜をする、演奏する

sell
【自】売れる
【他】〜を売る

do
【自】十分である
【他】〜をする

pay
【自】利益になる、割りにあう
【他】〜を支払う

自動詞と他動詞で形が違う動詞
lie-lay-lain = 「【自】横たわる」
(注:lie-lied-lied = 「【自】嘘をつく」)
lay-laid-laid = 「【他】〜を横たえる」

rise-rose-risen = 「【自】上がる」
raise-raised-raised = 「【他】〜を上げる」

他動詞と間違えやすい自動詞
apologize (to A) for B = 「(Aに)Bのことで謝る」

argue with A (about B) = 「(Bについて)Aと口論する」

complain (to A) of[about] B = 「(Aに)Bについて文句を言う」

graduate from A = 「Aを卒業する」

agree with A = 「Aに賛成する」

reply to A = 「Aに返事をする」

自動詞と間違えやすい他動詞
answer A = 「Aに答える」

approach A = 「Aに近づく」

attend A = 「Aに出席する」

discuss A = 「Aについて議論する」

enter A = 「Aに入る」

marry A = 「Aと結婚する」

mention A = 「Aについて言及する」

reach A = 「Aに到着する」

resemble A = 「Aに似ている」

まとめ

今回は覚えておくべき自動詞と他動詞を紹介した。

たくさんあって覚えるのが大変だと思うが、文法問題でそのまま聞かれることもある。

頑張って覚えてほしい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

拙い文章でわかりにくいこともあるかと思います。

よくわからない部分や、もっと具体的なことを教えてほしい!という場合は、お気軽にLINEしてください。可能な限り返信します。

勧誘等はする気はないので、すでに塾に通っている人や、塾に通う気がない人でも大丈夫ですよ。

ご安心ください!

友だち追加

お電話、もしくはお問い合わせフォームでお問い合わせください。

三国の「計画力」育成専門個別指導塾プレスト

三国本校 代表:田中健太
〒532-0005
大阪市淀川区三国本町2-10-28

電話番号:070-5434-5525

受付時間:14:00~22:00(日祝除く)

三国中学、宮原中学 無料体験積極実施中!

指導実績

国公立大学

神戸大学・大阪市立大学・神戸市外国語大学

私立大学

早稲田大学・同志社大学・関西大学・同志社女子大学・武庫川女子大学・神戸女子大学・帝塚山学院大学・大阪樟蔭大学・関西外国語大学

公立高校

茨木高校・豊中高校・池田高校・箕面高校・北千里高校・桜塚高校・刀根山高校・吹田東高校・東淀川高校

私立高校

関西大学第一高校・関西大倉高校・関西大学北陽高校・追手門学院高校・同志社香里高校・箕面自由学園高校・大阪学院高校・梅花高校・金蘭会高校

中学校

関西大学第一中学校・早稲田摂陵中学・近畿大学付属中学校・咲くやこの花中学校・聖母被昇天中学校・百合学院中学校・履正社中学校・関西学院中学校・箕面自由学園中学校