サクッと英文法 単語の品詞 | 淀川区 個別指導塾 淀川区三国の個別指導ならプレスト

サクッと英文法 単語の品詞

英文法

2019.02.22

英文に必要なもの

英語でも日本語でも文は単語からできている。

そしてその単語は品詞に分類できる。

細かいことを…と思うかもしれないが、どうせならきちんと理解しておこう。

正直な話、品詞なんかどうでもいいといえばどうでもいい。

僕たちも日本語を話すときに品詞なんか意識していない。

だが、英語を指導するとき、現状では文法用語を使って説明するのが一般的だ。

「ここには名詞がこないとおかしいので、選択肢にあるdoingは現在分詞ではなく動名詞だと考えればいいですね。」

などと説明されても意味がわからなくなってしまう。

だからこそ、日本で英語を教えてもらう以上、文法用語は必須だと思って頑張って理解してほしい。

品詞の種類

英語の品詞には、

名詞
代名詞
動詞
形容詞
副詞
前置詞
接続詞
間投詞

の8つがある。

細かいことはおいおい説明していくので、今回はざっくり説明していく。

名詞

名詞はもっとも登場頻度が高い。

dogとかcatとみたいに、モノやコトを表す単語のことだ。

押さえるべきポイントは、単数形か複数形かということ。

中学校でも序盤で習うのだが、案外いい加減になっている人がいるので注意が必要だ。

a dogs とか絶対に書かないように!

ややこしいのは可算名詞と不可算名詞というのがあって、そもそも数えられない名詞も存在するということだ。

dogs はありだけど、watersはない。

まぁこのあたりは名詞の節で詳しく説明していくので、とりあえず、いまは
名詞=モノやコトを表す単語
と覚えてくれればいい。

代名詞

代名詞は繰り返しを避けるため、名詞を置き換える単語だ。

例えば
「加藤圭一は中学生です。加藤圭一はイケメンです。加藤圭一には高校生のお兄さんがいます。加藤圭一のお兄さんもイケメンです。」
みたいな文章があったとき、加藤圭一が登場しすぎてはっきり言ってウザい。

2回目以降は「彼」に置き換えてしまえばスッキリする。

ここでいう「彼」が代名詞だ。

ややこしいのは「彼=he」だが「彼の=his」になってしまうコト。

このあたりは代名詞の節で詳しく説明するので、とりあえず、いまは
代名詞=繰り返しを避けるため、名詞を置き換える単語
と覚えてくれればいい。

動詞

動詞は動作を表す単語で、英文では非常に大事。

僕の先生は「動詞がないと、どうしようもねぇ!」としょーもないことを言っていたが、それくらい重要だ。

動詞は時制やら態だのいろいろ説明するべきことがあるのだが、とりあえず重要なのは動詞は1文中に1つしか登場しないということ!

ちょっと長くなってしまうが、
動詞=動詞は動作を表す単語で、1文中に1つしか登場しない
と覚えておいてほしい。

形容詞

形容詞は名詞を説明する単語だ。(格好つけると修飾するという)

大事なのは名詞をという部分。

easy book とは言っても easily book とは言わない。

easy は形容詞で「簡単な」。

easily は副詞で「簡単に」。

なにが違うんだと思うかもしれないが、「簡単な本」はあっても「簡単に本」では意味がわからない。

微妙な違いだが、重要な違いなのできちんと押さえておく必要がある。

形容詞=名詞を説明する単語
と覚えておこう。

副詞

副詞は名詞以外を説明する単語。

形容詞の項で少し触れたが、easily は副詞で「簡単に」だ。

名詞以外というとややこしいが、例えば動詞を説明して find easily ならありえる。

「find easily = 簡単”に”見つける」だ。

findの難易度を表しているのがわかるだろうか?

動詞を説明するとはこういうことだ。

副詞=名詞以外を説明する単語
と覚えておこう。

前置詞

前置詞は書いて字のごとく前に置く単語だ。

なんの前かというと、名詞だ。

前置詞はその後ろの名詞と合わせて副詞句(とりあえず単語のかたまりだと思っておけばいい)を作る。

on とか in とか挙げだすと結構な数にあるのだが、日本語で言うところの助詞(「〜を」とか「〜に」とか)に該当する。

外国人が「この本”に”ください」みたいなことを言っていて違和感を感じたことはないだろうか?

あれと同じような感じで前置詞はなかなかややこしい。

前置詞の節で詳しく説明するので、とりあえず、
前置詞=名詞の前において副詞のようなはらきをさせる単語
と覚えておこう。

接続詞

接続詞は文と文を繋げる単語だ。

文章は文と文が繋がって作られている以上、接続詞の存在は無視できない。

接続の仕方は等位接続とか逆接とか色々あるが、共通しているのは、文と文が繋がっているということだ。

少しレベルの高い文章を読んでいると、1文が長くて嫌気が差したことはないだろうか?

それは接続詞で文と文が繋がっているのが原因のパターンが多い。

逆に言えばそれだけのコトなので、元の文をイメージして、それぞれの文を訳してあとでくっつければいいだけのことだ。

文章を読む上で重要な接続詞だが、ここで書いていると長くなるので、とりあえず、
接続詞=文と文を繋ぐ単語
と覚えておいてほしい。

間投詞

間投詞は感情を表す単語だ。

Wow! とか Yeah とかそんなの。

文中ではなく単独で用いられるので、あまり難しく考えなくていい。

グラマーの授業でも間投詞について熱く語る先生はあまりいないはずだ。

「いちおうて知ってる」くらいでいい。

間投詞=感情を表す単語
と覚えておこう。

まとめ

今回は英語の8つの品詞について説明した。

かなりざっくりした説明で、これだけで問題が解けるというようなものではないが、英文法を学習する上で品詞の意味を知っていないと、解説が理解できない。

ざっくりでいいので8つの品詞のイメージを押さえておいてほしい。

最新の記事

プレストについて

  • そもそもだけどどんな塾?
  • 1ヶ月間体験授業
  • 一夜漬けにさようなら。アプリで徹底PDCA学習
  • 計画力を育成する仕組みMyPrestって?
  • 他の塾とどう違う?5つの理由
  • 正直わかりにくい!1カ月の授業料

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

拙い文章でわかりにくいこともあるかと思います。

よくわからない部分や、もっと具体的なことを教えてほしい!という場合は、お気軽にLINEしてください。可能な限り返信します。

勧誘等はする気はないので、すでに塾に通っている人や、塾に通う気がない人でも大丈夫ですよ。

ご安心ください!

友だち追加

お電話、もしくはお問い合わせフォームでお問い合わせください。

三国の「計画力」育成専門個別指導塾プレスト

三国本校 代表:田中健太
〒532-0005
大阪市淀川区三国本町2-10-28

電話番号:070-5434-5525

受付時間:14:00~22:00(日祝除く)

三国中学、宮原中学 無料体験積極実施中!

指導実績

国公立大学

神戸大学・大阪市立大学・神戸市外国語大学

私立大学

早稲田大学・同志社大学・関西大学・同志社女子大学・武庫川女子大学・神戸女子大学・帝塚山学院大学・大阪樟蔭大学・関西外国語大学

公立高校

茨木高校・豊中高校・池田高校・箕面高校・北千里高校・桜塚高校・刀根山高校・吹田東高校・東淀川高校

私立高校

関西大学第一高校・関西大倉高校・関西大学北陽高校・追手門学院高校・同志社香里高校・箕面自由学園高校・大阪学院高校・梅花高校・金蘭会高校

中学校

関西大学第一中学校・早稲田摂陵中学・近畿大学付属中学校・咲くやこの花中学校・聖母被昇天中学校・百合学院中学校・履正社中学校・関西学院中学校・箕面自由学園中学校